本文へ移動

スタッフインタビュー vol.03

2021年7月吉日、デイサービスみそら山田にて、インタビューを行いました。
ひとたびレクリエーションを実施すれば、右に出る者がいないと言っても過言ではない、そんな職員さんです。
着付けに関して確かな腕を持ち、人を集めて教室を開催したりしているほどの実力者です。美空の他事業所にて、催し物をする際、着物やドレスが欲しいという要望があれば駆け付け、準備から衣装合わせまで本腰入れてやってくれている頼もしい限りの古巻敏子さんをご紹介します。
デイサービスみそら山田所属
レクリエーション担当 T.H

(Q1.いつもどんな事を心掛けていますか?)

①利用者さんに、よく喋っていただく。
②楽しんで、たくさん笑っていただく。
③手足を無理なく使って元気になっていただく。脳トレや楽しい体操をしていただく。
④昔を思い出して懐かしい心になっていただく。喋る、笑う、動く(手足と脳みそ)
⑤世の中の今起きている事をテレビや新聞からお伝えして楽しんで、物知りになっていただく。
(Q2.具体的にどのようなレクリエーションを実施していますか?)

室内ゴルフ、サラリーマン川柳、(夫)手作りのジェンガ、パチンコゲーム、手作り土佐弁カルタや歌カルタ、生け花、お茶会、おやつ作り、昔道具の写真を見て盛り上がっていただく等、レクリエーションは『自分が楽しくないと利用者さんが楽しいはずがない』をモットーに取り組んでいます。
(Q3.休日の過ごし方は?)

必ず土・日曜日は、一時間ほどプールを利用しに行きます。(水中歩行、ストレッチ、遊泳等)
花が大好きなので、花を使った創作活動を楽しんだりして、完成した作品をみそらに飾らせてもらったりします。
おしゃべりも大好きなので、友人と一緒にあちこちへ遊びに行き、よく食べ、よくしゃべってます(笑)

必ずすることは、実施したレクリエーションに対する反省と、職員さんや利用者さんからの意見や感想を基に見直しをすることです。
見直しを行うことで、更により良いレクリエーションのご提供に繋がると思い、取り組んでいます。
(Q4.趣味、または特技は?)

古道具や古布の収集(階段箪笥、行灯等)
旅行が大好きで、海外へ12カ国行き、最後に訪れたのは、南米のマチュピチュでした。
国内は、北は北海道から南は屋久島まで、いろんな所へ、仲の良い友人たちと行きました。

ボランティア活動も大好きで、何か頼まれると「Yes!」と答え、引き受けてしまいます!
多くの留学生や、病院の患者さんへ、夏冬に着付け教室を開催したり、南国市の「桜祭り」も生徒さん達と長い付き合いをさせていただいています。成人式やお見合いをしていただいて婚礼もたくさんありました。
着付けを始めて、45年になりました。
(Q5.みそらとの出会いは?)

ご近所の奥さん達と「豆腐を極める会」でやっと美味しい健康的な豆腐が出来た時、ご近所のデイにいらっしゃった津野常子さん(後の株式会社美空初代代表取締役)と知り合い、1丁200円の豆腐を10丁毎回買って下さったご縁で、一号店となるデイサービスみそらが南国市十市にオープンする時、「みそ汁と煮物が作れたらえいき、作りに来てや」とお誘いいただきまして、調理担当としてみそらに加わりました。
元々料理好きの私は、利用者さんに召し上がっていただく献立を毎日考案しながら、食べ残しがない喜んでいただけるメニューを提供できるよう、いつも心掛けていきました。
現在は、レクリエーション担当で勤務しています。
(最後に)

デイサービスみそらや、デイサービスみそら山田で仕事をさせていただき、私は、毎日毎日勉強になり、利用者さん達にも教えていただいたり、多くの友人たちに、みそらへ来て、歌ったり、演奏したり、助けていただき、本当に楽しい幸せな時間をいただいています。

主な一日の流れ

9:30
出勤し、本日の予定を確認する
10:30
午前のレクリエーションを行う
11:00
利用者様へ、お菓子・お茶を提供する
12:00
昼食
13:00
休憩
14:00
午後のレクリエーションを行う
15:00
おやつ・お茶の提供を行う 送迎準備
15:30
利用者様を送迎車へ誘導・お見送りを行う 退勤する
 募集職種・応募フォームはこちら
採用に関する情報、お問い合わせはこちらからご覧ください
株式会社 美空
株式会社美空
〒783-0091
高知県南国市立田1544-2
TEL.088-856-7692
FAX.088-856-7693
◆地域通所介護・
 日常生活支援総合事業
小規模多機能型居宅介護事業所
TOPへ戻る